発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】へようこそ

子ども、特に生後6ヶ月くらいから3歳くらいまでの子どもは
熱を出すことが多いです。

 

熱といっても3〜4日くらいで下がってしまう熱もありますし、
放っておいたらとんでもないことになる病気の場合もあるので、
判断が難しいです。

 

そこで、熱が出る子どもの病気の特徴を抑え、
その判断に役立てていきたいと思います。

 

子どもの平熱を知る

 

子ども熱は、測り方によっても変わってきますし、
年齢や時刻によっても差が出てきます。

 

また、一般的に、夕方の熱が高くなりますし、
水銀体温計で測ったときと電子体温計で測ったときの
体温にも差が出てきます。

 

さらに、年齢が低いほど体温が高いので、
たとえば4歳のお兄ちゃんは37.2℃で体がだるそうにしている、
けれど、1歳の妹は37.5℃でもいつもと全く変わらないというようなこともあります。

 

個人差によっても、平熱が異なります。

 

日ごろから子どもの平熱を知っておくと、
子どもが熱を出したというときの治療の判断に役立つのではないでしょうか。

 

発熱とは

 

発熱とは、一般的に、ワキの下で測ったときに37.5℃以上、
もしくは平熱よりも1℃高いときに「発熱」としています。

 

発熱したときの注意点

 

39℃以上の熱が出ると、ほとんどの親が慌ててしまい、
すぐに解熱剤を使ってしまうなどします。

 

ですが、高熱が出ただけで、
すぐに脳炎や脳症になるというようなことはないので、
まず、全身状態の観察をしっかり行うことが必要です。

 

すぐに受診が必要な熱

 

生後3ヶ月くらいまでの乳児は、
風邪などの感染症にかかることはほぼないといわれています。

 

ですから、逆に2〜3ヶ月くらいの乳児が発熱しているときは、
重度の感染症があると考えられるため、
早めの受診が必要です。

 

また、全身状態が悪いとき、
たとえば、呼吸困難があるとき、ゼーゼーしていたり、
ひどい咳き込みがあるとき、
解熱剤を使って熱が少し下がっても意識がはっきりしないときなどは、
早めの受診が必要です。

 

子どもに使ってはいけない解熱剤

 

発熱の時には、使ってはいけない解熱剤があります。

 

たとえば、サリチル酸(スピリン、サリチルアミド)を含む解熱剤は、
インフルエンザや水痘に用いると、急性脳症や肝障害を引き起こすことがあるため、
15歳未満の子どもに用いるのは禁忌とされています。