発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

後遺症が怖い川崎病

川崎病は、原因が不明で、なんらかの感染症が疑われています。

 

皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS)という病気で、
主に4歳以下の乳幼児に発症する熱性疾患です。

 

高熱が続き、皮膚粘膜症状が現れます。

 

しかし、この急性期の症状はやがて消失しますが、
後に心臓血管系に重い後遺症を残すことがあります。

 

1967年川崎富作博士によって報告されました。

 

症状が治まった後も、定期的に
心臓血管系の検査を受けていくことが必要です。

 

 

川崎病の症状

川崎病は、5日以上の高熱と皮膚粘膜症状という
特徴的な症状が現れる病気です。

 

主な症状は以下の6つですが、このうち5つ以上を認める場合、川崎病と診断します。

 

(1) 5日以上続く発熱
    (治療によって5日未満で解熱した場合も含めます。)

 

(2) 両側眼球結膜の充血(うさぎの目のように、結膜が赤くなります。)

 

(3) 口唇の紅潮、苺舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤
  (口紅を塗ったような口になります。舌も真っ赤になります。)

 

(4) 不定形発疹

 

(5) 四肢末端の変化
    急性期: 手足の硬性浮腫、掌蹠(しょうせき)ないし四肢先端の紅斑
    回復期: 指先からの膜様楽屑(まくようらくせつ/皮膚がはがれ落ちます)

 

(6) 非化膿性頸部リンパ節腫脹

 

これらの川崎病の症状は、ほとんどが急性期に出現します。
指先からの皮膚の楽屑は、回復期に見られます。

 

そして、このような症状は、回復期を経て治ります。
しかし、川崎病で怖いのは、心血管病変、冠動脈異常です。

 

心血管病変

 

川崎病では、全身の血管に炎症が生じます。
そのため、色々な血管に動脈瘤などができます。

 

中でも、心臓の冠動脈に起こる拡張やこぶ(瘤)は重要で、
狭心症や心筋梗塞を併発する可能性があります。

 

また、僧房弁閉鎖不全、大動脈閉鎖不全、心筋炎、心膜炎なども
生じる場合もあることから、
川崎病は、小児期の後天性心疾患の中で重要な疾患群に位置付けられています。

 

冠動脈異常

 

川崎病では、冠動脈起始部に瘤ができやすくなり、
急性期に冠動脈瘤を認め、心筋梗塞の危険を伴います。

 

冠動脈瘤は、長期的には縮小することが多いですが、
狭窄病変になることも多く、
その場合も狭心症や心筋梗塞を合併する危険性が高いです。

 

 

このように、心血管や冠動脈に異常が及ぶ可能性のある川崎病では、
急性期から、小児の循環器系疾患を診る事ができる医療機関を受診することが必要です。