発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

子どもの風疹

風疹は、熱とともに全身に小さな発疹が出る軽い麻疹のような病気で、
乳児から子どもにみられる病気です。

 

麻疹に似ていて、麻疹よりも軽いので、
「三日ばしか」とも呼ばれています。

 

麻疹と風疹の違いは、
はしかの場合は、発熱後、2〜3日後に発疹が出ますが、
風疹の場合は発熱と同時に発疹が出るというものです。

 

妊娠初期のお母さんが風疹になると、
お腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまうため
注意が必要です。

 

風疹の原因

 

風疹の原因は、風疹ウイルスの感染です。

 

風疹の症状

 

風疹の潜伏期間は、2〜3週間くらいです。

 

風疹になると、38度前後の熱が出て、
発熱と同時に小さな発疹が全身にパラパラと出てきます。

 

耳の後ろのリンパ節が腫れ、
触ると小指くらいのぐりぐりができているのも特徴です。

 

また、目が充血して赤くなったり、
喉が痛くなったり咳が出るなどの症状が出ることもあります。

 

通常、3日〜4日くらいで熱も下がり、
発疹も徐々に消えていきます。

 

麻疹よりも症状が軽いといわれている風疹ですが、
3歳〜4歳になってからかかると、
やや重症になることもあり、
脳炎などの合併症を引き起こすこともあります。

 

風疹の治療

 

風疹は特別な治療はありません。
3〜4日くらい自宅で安静にしてすごすようにします。

 

通園は、発疹が完全に消えるまではお休みします。

 

風疹の合併症

 

子どもの風疹では、重症化することはあまりありませんが、
まれに肺炎や髄膜炎、血小板減少性紫斑病などの合併症になることがあります。