発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

夏風邪の代表!ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、6月から8月にかけて流行し、
夏風邪の代表疾患といわれている病気です。

 

主に乳幼児や子どもに発症しやすいウイルス感染ですが、
看病している大人にもうつることがあります。

 

夏場、突然前触れもなく高い熱が出たというときは、
ヘルパンギーナを疑う必要があります。

 

ヘルパンギーナの原因

 

ヘルパンギーナは、ウイルスを感染源とするウイルス感染症です。

 

感染原因は、エンテロウイルスというウイルス群のウイルスです。

 

ヘルパンギーナの症状

 

ヘルパンギーナの症状は、口の中に水泡や水ぶくれ、
口蓋垂(のどちんこ)に炎症が見られ、
食べたり飲んだりするときに、のどに強い痛みを伴います。

 

自分の唾を飲み込むにも痛みを感じるため、
よだれが多くなるなどします。

 

ヘルパンギーナのケア

 

ヘルパンギーナに感染すると、38〜40℃の高い熱が出ます。

 

ですから、安静にすごすことができるようにしましょう。

 

また、高熱に伴う脱水も心配なので、
水分補給を十分に行いたいのですが、
口内炎や咽頭部の炎症が激しいため、痛みが強く、
十分に水分が摂れないことがあります。

 

イオン飲料を飲ませてあげたり、
プリンやゼリー、アイスクリームなど
口当たりの良いものを少しずつ食べさせてあげるようにします。

 

ヘルパンギーナの合併症

 

ヘルパンギーナは、2〜3日で熱が下がります。

 

ですが、熱が長期間にわたって下がらない場合は、
髄膜炎などの合併症を発症しているかもしれません。

 

また、耳下腺炎や心筋炎が合併症として起きることもあります。

 

必ず医療機関を受診し、診察してもらうようにします。