発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

子どもの膀胱炎

膀胱炎は、膀胱が炎症を起こす病気です。

 

炎症を起こす原因は、ウイルスや細菌があります。

 

膀胱炎の原因

 

膀胱炎は、排尿を長い間我慢したり、
抵抗力が落ちているときに発症することが多いです。

 

排尿するときに洗い流される大腸菌が、
膀胱の中で増えて炎症を起こしたものです。

 

大腸菌は、尿道から膀胱に侵入するため、
尿道が短い女の子のほうがかかりやすくなります。

 

ウイルス性の膀胱炎の場合は、
流行性結膜炎やプール熱を引き起こすアデノウイルスが原因で、
男の子のほうがかかりやすくなります。

 

また、ウイルス性の膀胱炎では、
症状が強く出ることが多く、血尿が出ること多いです。

 

膀胱炎の症状

 

膀胱炎になると、何回もトイレに行きたくなり、
排尿するときに痛みがあります。

 

また、排尿をした後も、尿が残った感じがするため、
すぐトイレに行きたくなることも多いです。

 

血尿や尿のにごりがみられることもあり、
乳児の場合は頻尿、不機嫌、発熱などの症状が出ることもあります。

 

膀胱炎の治療

 

膀胱炎の治療としては、細菌性の場合は抗生物質を用います。

 

細菌性の場合も、ウイルス性の場合も、
膀胱の中の細菌を排出するために、
水分をたくさんとり、排尿回数を増やすようにします。

 

膀胱炎のケア

 

小さな子どもほど、自分の体調の悪い部分を
上手に言葉で伝えることができません。

 

トイレにかかる時間、排尿中や排尿後の表情などを
みてあげてください。

 

膀胱炎のときは、水分を多めに摂り、
安静に過ごすようにすることで一週間から二週間くらいで治ります。