発熱が生じる小児の疾患【看護師サポートナビ】

子どもの腎盂腎炎

腎盂腎炎は、細菌が腎盂に侵入することにより、
腎盂で細菌が増殖して炎症を起こす病気です。

 

 

腎盂腎炎の症状

 

腎盂に炎症が起きると、腎盂と接している尿細管など
腎臓内部にも炎症が広がり、
風邪の症状がないにもかかわらず38℃を超える高熱が出るなどします。

 

また、排尿時に痛みを訴えたり、排尿の回数がふえることもあります。
わき腹や腰などの痛みを訴えることもあり、
白血球が混ざるため、尿が白くにごります。

 

小さな子どもがかかることが多い病気ですが、
年齢が低いほど感染に気づかず、
高熱が出て初めて感染に気づくことも少なくありません。

 

風邪などの症状が見られないのに、
高い熱を出している場合は、腎盂腎炎を疑う必要があります。

 

 

腎盂腎炎の治療

 

腎盂腎炎は、原因となっている細菌を調べ、
適切な抗生物質で治療をします。

 

3〜4日ほどで症状がよくなりますが、
よくなったからといって受診を中断することなく、
尿路に異常がないかどうかを検査するなど、
医師に治癒の診断をしてもらうことが必要です。

 

腎盂腎炎を起こすと、
膀胱尿管逆流になる子どもが多いです。

 

正常の場合は、膀胱から尿道へ尿が流れますが、
膀胱から腎臓のほうに尿が逆流し、
腎盂に細菌が侵入しやすくなるのが
膀胱尿管逆流です。

 

膀胱尿管逆流現象の場合は、先天的な異常で、
感染を予防するために、
長期間抗生物質を服用して治療します。

 

膀胱尿管逆流は、年齢が上がるにつれて軽快することが多いです。

 

しかし、腎盂腎炎を繰り返したり、
炎症が慢性化し、治りにくいときや水腎症がある場合は、
逆流防止の手術を検討します。